沖縄観光スケジュール

夏といえば海ですよね。どうせならエメラルドグリーンの綺麗な海で泳ぎたい!そんな方には沖縄旅行がおすすめです。 - 沖縄観光スケジュール

沖縄観光スケジュール

kioliyjtdみなさん!夏といえばどこに行きたいですか!?そう!沖縄ですよね!!どこまでも高く青い空、エメラルドグリーンに輝く海、そして、絶品の沖縄グルメ!沖縄には、他所では味わうことのできないものが沢山あります。

しかし、一口に沖縄と言っても、案外広いものです。土地勘のない方は、1日でどのくらいの範囲を回ることができるのかわかりませんよね?今回は、そんなあなたのために、沖縄を満喫することのできるモデルコースを中心に紹介していきたいと思います。

沖縄県は意外と広い!

沖縄県は363の島からなっています。その中で、0.01キロ平方メートル以上の島は160だそうです。沖縄県は非常にしまが多いのですね。

また、沖縄県の最東端から最西端までは1000キロ、最南端から最北端までは400キロあります。たとえば、北海道を除いて最も面積が大きな都道府県は岩手県なのですが、その岩手県であっても、東西122キロ、南北189キロです。もちろん沖縄県の県域のほとんどは海なので、一概に比較することはできませんが、沖縄県の県域の中に沖縄本島があり、様々な魅力的な離島があることを考えると、沖縄県では移動が大変だということがおわかりいただけると思います。

沖縄本島について

次に、沖縄本島についてみていきます。沖縄本島には那覇空港があるため、沖縄旅行に訪れる多くの人にとっては、沖縄本島がまず1つの拠点になると思います。沖縄本島は沖縄県内において最大の島であり、南北106キロほどの南北に細長い島です。東西の距離は場所によってまちまちなのですが、なんと最も東西の距離が短いところは4キロほどのところもあるようです。

沖縄本島は3つのエリアに分けられる

このような沖縄本島は3つのエリアに分けることができます。南部、中部、北部の3つです。沖縄本島においては、魅力的な観光地が各地に点在しているため、沖縄旅行の際は宿泊場所と移動を踏まえた上で、計画的に行動する必要があります。

例えば、那覇空港、国際通りや首里城は南部にあります。アメリカンビレッジは中部で、美ら海水族館は北部です。これらすべてを1日で回るのは不可能でこそありませんが、移動にほとんどの時間をとられてしまい、実質的に観光を楽しむことが難しくなります。

沖縄には電車がない

沖縄本島ですが、電車が走っておりません。唯一、電車のように使える公共交通機関としてはモノレールが1つありますが、このモノレールも沖縄本島全域をカバーしておりません。このモノレールは、「ゆいレール」と呼ばれておりますが、那覇空港から首里城付近を結ぶもので、モノレールで移動できる範囲はそう広くはありません。そのため、沖縄旅行の際は事前にコースの計画を立てておくと、効率良く各地を回ることができて、楽しむことができます。

また、沖縄観光においては、レンタカーを使うと便利です。沖縄本島内は全域に路線バスが走っておりますが、バスを使うとどうしてもバスの時間に縛られてしまうため、自由に移動できるレンタカーが最も便利です。

沖縄本島から魅力的な離島への距離

沖縄県にはある程度の大きさを有する離島であっても160つの離島が存在するため、ここでは、代表的な離島と沖縄本島の距離を紹介いたします。まず、石垣島は本島から南西に約410キロの位置にあります。この距離は東京ー大阪間の距離と近いため、石垣島は非常に遠いのですね。

宮古島は本島から南西に約290キロで、久米島は本島から西に約94キロです。また、与那国島は本島から南西に500キロ、西表島は本島から南西に400キロ、波照間島は本島から南西に460キロです。多くの島が本島から南西に集まってはいますが、どこも本島からの距離は相当なものであることがおわかりいただけたでしょうか?

モデルコースこそ沖縄旅行を楽しむ要!

このように、県域に離島が点在し、公共交通機関があまり発達していない沖縄を楽しむためには、モデルコースを把握することが大切なのです!モデルコースを参考に沖縄旅行の計画を立てることで、観光地を周りながらもゆとりのある素敵な沖縄旅行が可能になりますよ!

沖縄レンタカー口コミを参考にレンタカー会社を選びましょう。おすすめのレンタカー会社といえば沖楽!『http://xn--lckwb3h2azcy453aw75btq1aw4b.jp/』

Copyright(C)2016 沖縄観光スケジュール All Rights Reserved.